フジモト歯科

フジモト歯科は一生噛んで楽しく食事をしていただくため、皆さんのお口の健康をサポートします。

インプラント・口腔外科

インプラント・口腔外科

HOME >  診療案内  > インプラント・口腔外科
  • 新しい治療インプラント(人工歯根)で噛む喜びを実感

    新しい治療インプラント(人工歯根)で噛む喜びを実感

    入れ歯では再現する事のできなかった噛むことへの満足感をインプラント治療によって取り戻すことができます。インプラント治療は、歯の抜けたところにインプラント(人工歯根)を埋め込み、その上に人工の歯を取り付ける治療です。

    噛める喜びは、あなたの「健康を」「生活を」「心を」豊にします!




    ◆当院では歯科用CTを用いて診断し、より安全により小さな傷での手術を心掛けています。
    ◆手術後には腫れを抑える高周波治療(コスモキュア)、骨の治りを早める超音波治療(オステオトロンD3)を行っております。

従来の治療

  • 入れ歯(義歯)

    歯を失った所に取り外し式の入れ歯(義歯)を装着します。

    ■バネのかかる歯がムシ歯や歯周病になりやすい。
    ■入れ歯の乗っている歯茎がが痩せてくる。
    ■装着感が悪く、異物感を感じる方が多い。
    ■歯ごたえを感じることができない。見た目(審美性)が悪い場合もある。

  • ブリッジ

    両側の歯を削ってブリッジを固定します。

    ■歯のない所の両側に十分な支える歯が必要です。
    ■支える歯の負担が大きくなり、歯の寿命が短くなる恐れがあります。
    歯ぐきとの隙間が大きくなることがあります。

従来の治療とインプラントの違い

治療方法 長所 短所 費用
入れ歯(義歯) ■一般的な治療ですから、比較的簡単に治療が受けられます。 ■噛み心地が悪い場合もあり、固い食べ物では咀嚼に苦労する場合もあります。
■入れ歯に違和感を感じる事がある方がいます。
■発音がうまく出来ない場合や、見た目も良くない場合がある。
■入れ歯の手入れが毎日必要となります。
■保険の適用されるものもあります。
■見た目にも良く使い心地の良いものは保険の適用がありませんが最善の治療方法をご提案させていただきます。
ブリッジ ■入れ歯に比べると装着感がよく、自分の歯と同じ感覚で噛むことができます。 ■ブリッジを固定するための歯が無い場合、歯に負担が大きくかかりますので、ブリッジそのものができない場合があります。
■保険の適用されるものもあります。
■見た目にも良く使い心地の良いものは保険の適用がありませんが最善の治療方法をご提案させていただきます。
インプラント
(人工歯根)
■自分の歯と同じような感覚で噛むことができ、食べ物の味や感触が良くわかります。
■周りの歯を傷つけません。
■見た目は自分の歯とほとんど同じようにきれいに仕上がります。
■インプラントがあごの骨に力を加えますから、顎の骨が痩せるのを防ぐと言われています。
■歯を抜くのと同じ程度の手術が必要です。
■強度の糖尿病などの疾患の場合、インプラントができないことがあります。
■歯触りがにぶいです。
■現在、保険適用はありません。
■費用は、見た目の入れ歯やブリッジと同じ程度です。
■治療本数、部位などによって費用は多少異なりますので、お気軽にご相談ください。
  • 下の総入れ歯を安定させるミニインプラント

    下あご前方の歯ぐきに、少量の局部麻酔をして、直径1.8mmの細いチタン製ネジ4本を歯ぐきの上から埋め込みます。
    麻酔をしますので痛みはありません。そして入れ歯の裏側に特殊な金具をつけてちょうどホックで留める様に入れ歯とネジの頭とが「カチッ!」と噛み合い、簡単に入れ歯を留めたり外したりできます。

次のような方におすすめです。

入れ歯が動いて不快感がある。

固いものやひっつくものを普通に食べてみたい。

十分に噛めないので胃腸が弱い。

入れ歯を気にしないで思いっきり会話をしたり、笑ったりしたい。

  • ミニインプラントの特徴

    ■治療は1回の来院でほとんど終了します。
    ■麻酔をして治療します。
    ■歯ぐきを切り開かないのであまり腫れません。
    ■治療後すぐに入れ歯で食事ができます。
    ■痛みはほとんどありません。
    ■入れ歯が動かなくなります。
    ■入れ歯の着脱が自由です。

  • 術後の症状を考えた口腔外科治療

    口腔外科治療

    口腔外科治療にはCO2レーザーや高周波治療器(コスモキュア)を使用し、歯ぐきや粘膜の手術を行います。
    歯ぐきや骨の傷をなるべく少なくする事で術後の腫れを少なくする事を心掛けております。

  • CO2レーザー、高周波治療器(コスモキュア)使用の特徴

    ■出血が少ない
    ■傷の治りが早い
    ■痛みが少ない

  • 親知らずの抜歯

    親知らずの生え方によっては歯磨きをきちんとすることが不可能な場合があり、そのような場合には将来的に虫歯や歯周病になってしまう可能性が非常に高く、最悪の場合は手前の健康な歯を巻き添えにしてしまうため、早めに抜歯しておくことをおすすめします。

    また、親知らずが虫歯になってしまった場合、一番奥の歯なので治療器具が届きにくく、その後のメンテナンスも難しいので、治療をしたとしても高確率で再発します。そのため、親知らずが虫歯になったら治療をせずに抜歯をするというケースも多くあります。

  • 親知らずを抜歯した方が良い場合

    ■手前の歯と同じように生えてきているが、歯磨きが上手に出来ない
    ■中途半端に生えていて、歯の一部だけが見えている
    ■横向きに生えてきている
    ■骨の中に完全に埋まっているが、レントゲン写真上問題がある
    ■歯並びを悪くする恐れがある

  • 親知らずを抜歯しなくても良い場合

    ■手前の歯と同じように生えてきていて、歯磨きも特に問題なくできる
    ■骨の中に完全に埋まっていて、レントゲン写真上問題が無い
    ■その他、特に悪影響を及ぼすことがないと判断された場合

  • 親知らずを抜歯する時期

    虫歯や歯周病になってからだと、麻酔が効きにくくなる場合があり、若い時の方が、親知らずを抜いた後の骨の回復が早いです。
    また、抜く時期が遅いと、親知らずが骨と引っ付いてしまって抜くのが大変になることがあります。

    親知らずを抜く場合には、生えてから出来るだけ早い方(20歳前後が最適)が良いです。